HOME
  •  〉セブ島お役立ち情報
  •  〉ジンベイザメをビサヤ語や英語で言うと?

    セブ島お役立ち情報

    ジンベイザメをビサヤ語や英語で言うと?

     フィリピンには実は100種類以上の言語が存在するため、一般的には現地特有の言語のほか、全域でほぼ英語が通じます。

     

     

    セブ島に関して言えば、英語か日常生活で使用されるビサヤ語(セブアノ語)やテレビ放送などで使用される公用語のタガログ語になります。ビサヤ語(セブアノ語)はタガログ語を元に作られた言語ということですが、セブ島で日常会話として使用される現地語はビサヤ語(セブアノ語)となります。

     

    ではジンベイザメを現地語ではどう呼んでいるんでしょうか。

     

      • ビサヤ語 Butanding(ブタンディン)
      • タガログ語 isdantuko(イスダンツコ)
      • フィリピノ語(フィリピン国語/公用語) tuko(ツコ)
      • 英語 Whale shark(ホワイトシャーク)

     

    というように英語以外はほとんど現地の人次第かもしれません。

    英語でWhale(クジラ)shark(サメ)といえばほぼ間違いないでしょうね。

     

    シュノーケルツアーのときに現地でどのように呼んでいるのか確認するのも、楽しみの一つになるかもしれませんね。

    掲載情報につきましては、当サイトが独自に調査、検証および収集した情報です。

    情報の妥当性や確実性を一切保証するものでなく、情報や内容が訂正や修正、変更されている場合があります。 よって、当サイトの利用により生じたいかなる損害等についても運営側にて一切の責任を負いません。

    掲載情報の修正・変更等をご希望の場合はお知らせください。

    ページトップへ