HOME
  •  〉セブ島お役立ち情報
  •  〉フィリピンとセブ島の通貨と為替レートについて

    セブ島お役立ち情報

    フィリピンとセブ島の通貨と為替レートについて

    貨幣や為替レートなどフィリピンとセブ島でのお金に関する情報をまとめてみました。

     

    1.フィリピンで使われる通貨単位は?

     

    フィリピン・ペソ、国際通貨コードはPHPです。プログラムの言語名と同じで、PHP研究所なる出版社もありますね。ちなみに日本円の国際通貨コードはJPY(ジャパンエン?)です。

     

     

    紙幣の種類は、1000、500、200、100、50、20、10、5(ペソ)があり、主に使用されるのは100、50、20で旧紙幣の10、5ペソ紙幣は現在使用できない。

    また、つり銭などはほとんど用意されていないため、200ペソ以上の紙幣はほとんど使用しないと考えていかれたほうが無難です。

     

    硬貨の種類は、10、5、1(ペソ)50、25、10、5、1(センタボ)とあり、10、5ペソ硬貨は用意しておいたほうがよいでしょう。センタボ硬貨はほぼ流通していないと考えてよいでしょう。

    発行はフィリピン中央銀行が発行しています。
    補助単位のセンタボは、1ペソの1/100の超少額硬貨になりますが、200ペソ以上の高額紙幣や10、5ペソの旧紙幣などはほとんど使用されていません。

    セブ島でもフィリピンペソが使用されており、支払いのすべてはフィリピンペソで決済すると考えていてもよいかもしれません。アメリカドルやクレジットカードも一部のリゾート施設では利用可能ですが、街中では少額紙幣が流通しており、日本の小売店のようにつり銭などを用意していないお店も多いので、メインとなる紙幣や硬貨をわりと用意しておいたほうがよいでしょう。

     

    またチップなどの習慣も基本ありませんので、要求されたときは適度に断るか、少額紙幣程度で対応することが無難です。

     

    両替は、日本とマニラの空港内銀行や現地の両替所やホテル、街中の銀行になりますが、両替レートがよいのは現地の両替所がよいです。逆に空港やホテルは両替レートが良くないです。
    セブ島であれば、ショッピングモール内に両替所がありますので、必要に応じて現地で両替レートのよい両替所を利用することをお勧めします。

     

    物価は商品やサービスによりことなりますが、日用雑貨はおおよそ日本の半分前後です。
    外食などは日本とそれほどかわらない反面、タクシーやマッサージなどは1/5~1/9ほどで、日本などよりはかなり安く利用できます。

     

    フィリピンペソの単位記号は”?”でPに=線を合わせたような記号です。

     

    ペソという通貨単位はフィリピン以外でも使用されていますが、他国ペソとはまったく異なる通貨ですが、通貨単位事態はスペイン植民地時代に制定された通貨単位です。

     

     

     

    2.為替レート

    為替レートは、1ペソ(PHP)が2.10円(JPY)です。[2019年6月28日の為替レート]
    100フィリピン・ペソ札は日本円で210円ぐらいですね。

     

    リアルタイムではGoogleで[フィリピン 為替レート]で検索すると、検索結果一覧の最上部に表示されます。
    ほかにはロイター通信などでも為替レートページがあります。

     

    外国為替レート|為替チャート・株式市場 | ロイター
    https://jp.reuters.com/investing/currencies/quote?destAmt=&srcAmt=1.00&srcCurr=PHP&destCurr=JPY

     

     

    どうでしたか?

     

     

    フィリピンとセブ島の通貨や為替レート、現地事情についてはご理解いただけましたでしょうか。
    実際に現地で使ってみないとわからない点もありますが、わりと少額の現地通貨をある程度準備するとよいでしょう。

    掲載情報につきましては、当サイトが独自に調査、検証および収集した情報です。

    情報の妥当性や確実性を一切保証するものでなく、情報や内容が訂正や修正、変更されている場合があります。 よって、当サイトの利用により生じたいかなる損害等についても運営側にて一切の責任を負いません。

    掲載情報の修正・変更等をご希望の場合はお知らせください。

    ページトップへ